TAVIの最新情報

当院の治療成績

大阪大学医学部付属病院は、日本初のTAVIを実施しており、日本トップクラスの年間症例数(年間約100例)、累積症例数を経験しています。

良好な成績を維持しており、さらなる低侵襲治療を目指して取り組んでいます。

TAVIとは

TAVIは、大腿動脈や左心室心尖部などからアプローチし、カテーテルを介して大動脈に人工弁を植込む治療で、開心術のリスクが高い大動脈弁狭窄症患者に対する低侵襲治療として注目をあびています。この疾患に対する標準的治療は大動脈弁置換術で、これは胸骨正中切開のもと人工心肺装置を使用し、心停止の状態で大動脈弁を人工弁に置換するものです。しかし、合併症や年齢などの点で、通常の大動脈弁置換術の適応がハイリスクと判断され、治療を受けられない患者さんが決して少なくないことが指摘されています。こうした背景から登場したのがTAVIで、日本では2013年10月に認可がなされました。大動脈弁置換術がハイリスクな患者さんにおいて、大動脈弁置換術と同等もしくはそれ以上に良好な術後早期成績をあげています。また、手術による患者さんへの身体的負担 (手術侵襲) が少ないことから、患者さんの術後の生活の質 (QOL) を維持できる可能性が高い治療としても知られています。

TAVIの方法

TAVIには大きく2通りのアプローチ方法があります。大腿動脈からカテーテルを挿入する「経大腿動脈アプローチ」と、肋骨の間を小さく切開し心臓の先端(心尖部)から直接カテーテルを挿入する「経心尖アプローチ」があります。より安全なTAVIを目指し、それぞれの患者さんに合ったアプローチ方法をハートチームの合同カンファレンスにて検討・選択しております。どちらのアプローチでも体への負担は少なく、低侵襲な治療が可能です。また、2016年より局所麻酔下、皮膚切開を行わないTAVI、いわゆる「超低侵襲TAVI (ultra less invasive TAVI: ULTAVI)」も積極的に行っています。

TAVIアプローチ図2

最先端デバイスの導入・適応拡大

2013年10月に保険償還されたSAPIEN XTに加え、2016年1月にCoreValveが保険償還となり、日常臨床で使用されています。これらのデバイス(医療機器)に加え、現在ヨーロッパなどでは次世代の改良型デバイスが広く使用されています。当施設においては、より早く新しいデバイスを患者さんに提供すべく、TAVIの新規デバイスの治験の主幹施設を担い、さらには新規デバイスの臨床研究も当院倫理委員会承認のもと積極的に行っています。現在は保険適応外とされている透析状態の患者さんに対しても先進医療を用いてTAVIを行い、早期適応拡大に向けて尽力しています。さらに外科的に(開胸手術下に)大動脈弁もしくは僧帽弁置換術を受けられた後の人工弁機能不全に対してカテーテル的人工弁植込み術(Valve-in-Valve)も行っています(臨床研究)。

➤Edwards Sapien 3(バルーン拡張型デバイス)

➤Medtronic CoreValve Evolute R(自己拡張型デバイス)

TAVIの適応

現在のところ、合併症などにより大動脈弁置換術がハイリスク、手術不可能な患者さんがTAVIの適応とされています。もしくは、下記のような患者さんも適応とされることが多くなります。

  • 上行大動脈の石灰化が高度
  • 肝硬変
  • 放射線治療後
  • 心臓手術後
  • 高度の心不全
  • 体力の低下した方
  • 高齢(目安として80−85歳以上)の方

当院では、それぞれの症例に関して循環器内科・心臓血管外科を含むハートチームで詳細に検討し、外科的大動脈弁置換術かTAVIのどちらが患者さんにとって適しているか慎重に判断しています。

PageTop