心不全部門

取り扱い疾患

拡張型心筋症、肥大型心筋症、虚血性心筋症、2次性心筋症(心サルコイドーシス、心ファブリ病、筋疾患に伴う心筋症など)、弁膜症、成人先天性心疾患および肺高血圧症に伴う急性心不全および慢性心不全

特色

心臓移植施設である当大学では移植適応の検討をするstageDの重症心不全から心不全症例の多数を占める高齢者の心不全まで多岐にわたる病態の診療を行っています。特に重症心不全では治療の介入余地がある二次性心筋症を逃さないために心筋生検を含めた多種の検査を行っています。徹底的な内科的治療を行い、それでも外科治療が必要な場合は、心臓外科との密な連携により至適なタイミングでの弁膜症手術や補助人工心臓装着術などの外科治療への移行も行っています。また、心臓移植の待機が長期化する日本の現状において、補助人工心臓装着症例の合併症予防や治療にも積極的に関わり、移植までの橋渡しをサポートしています。
重症心不全診療に携わる医師の育成を目的に他施設より研修生の受け入れを行っております(重症心不全・移植専攻医育成プログラム)。

診療実績

入院診療実績

2015年 2016年 2017年
心不全入院精査加療総数 248例 286例 281例
 うち転院症例 39例 46例 45例
 心臓移植登録症例(新規) 37例 47例 26例
代表的な基礎心疾患
 特発性拡張型心筋症 79例 75例 94例
 虚血性心筋症 36例 30例 33例
 肥大型心筋症(拡張相を含む) 29例 25例 27例
 弁膜症(術後も含む TAVI症例は別途記載) 35例 27例 28例
 肺高血圧症(除く2群) 14例 24例 9例
 急性心筋炎 3例 5例 6例
 感染性心内膜炎 3例 3例 2例
心臓移植後入院検査 99例 106例 113例

検査実績

2015年 2016年 2017年
心筋生検 272件 275件 260件
心臓MRI検査 166件 154件 148件
経胸壁心エコー図検査 7762件 7271件 7702件
経食道心エコー図検査 182件 232件 280件
心臓リハビリテーション(入院のみ) 321件 358件 439件
心臓リハビリテーション実施のべ件数 3967件 4261件 4656件

主任

世良先生

心不全全般担当

世良 英子(せら ふさこ)

【略歴】
平成14年 大阪大学医学部卒
平成14年6月-平成15年5月 大阪大学医学部附属病院 第一内科 研修医
平成15年6月-平成18年8月 関西労災病院 循環器内科 研修医
平成18年9月-平成24年3月 関西労災病院 循環器内科 医員
平成24年4月-平成27年3月 Columbia University Medical Center, New York, NY, USAにて
博士研究員として臨床研究に従事
平成27年4月-平成28年7月 大阪大学医学部附属病院 循環器内科 医員
平成28年8月-平成30年3月 大阪大学大学院医学系研究科 重症心不全内科治療学講座 
寄附講座助教
平成30年4月-現在 大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 特任助教

【主任からのメッセージ】
原因、病態が多岐にわたる心不全の診療において、個々の症例を一から検証し、心臓血管外科とも密に連携をとりながら、ハートセンターとして心不全の集学的治療を行っていきます。
臨床現場における日々の経験を基に、新たな心不全診断、治療につながる知見を発信できるチームを目指したいと思います。

塚本先生2

ACHD・移植部門担当

塚本 泰正

【主な診療内容】
成人先天性心疾患(Adult Congenital Heart Disease ; ACHD)患者の診療
心臓移植後患者の診療

【略歴】
平成12年 大阪大学医学部卒
平成12年-13年 大阪大学医学部附属病院 小児科 研修医
平成13年-15年 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 小児科 研修医
平成15年-16年 大阪大学医学部附属病院 小児科 後期研修医
平成16年-20年 大阪府立急性期・総合医療センター 心臓内科 医員
平成20年-21年 大阪大学医学部附属病院 循環器内科 医員
平成25年-26年 大阪大学医学部附属病院 移植医療部 医員
平成26年 医学博士取得
平成26年 Medizinische Hochshule Hannover留学
平成26年- 大阪大学医学部附属病院 ハートセンター 特任助教

【主任からのメッセージ】
ACHD部門においては元小児科医かつ現循環器内科医の知識と経験、人脈を生かし、循環器内科の各部門や心臓血管外科や小児科などの各診療科と連携をとり、患者さん一人一人の状態にあわせた診療を行っていきます。

日本の心臓移植は世界に誇れる治療成績ですが、さらなる成績向上を目指すとともに、より多くの重症心不全患者さんが移植医療の恩恵にあずかれるよう励んでいきます!

PageTop