多施設共同臨床研究グループ

グループ概要

 私たちのグループは、大阪大学医学部附属病院および連携医療機関での日々の診療で産み出される様々なクリニカルクエスチョンや単施設でデータを収集して得られた研究成果を、阪大病院と連携施設からなる大阪循環器カンファレンス(Osaka Cardio Vascular Conference: OCVC)での質の高い多施設共同研究により検討し、世界に向けてエビデンスを発信することを目指しています。

 そのために、臨床情報と予後に関する情報を蓄積する疾患レジストリー研究や、明確な目的を持ちつつもアカデミックで探索的な多施設共同前向き共同研究を実施し、予後予測や予後改善につながるエビデンスを発見し、循環器疾患の新しい診療体系を作っていくことを目指しています。
さらには臨床情報だけではなく、血液やゲノムなどの生体サンプルの収集、解析も並行しながら、病態に関係する新しい遺伝子やバイオマーカーの発見、新しい予後予測法の開発等も行いたいと考えています。

 大阪大学循環器内科では、1998年から関連の連携医療機関と共同して急性心筋梗塞を対象とした大阪急性冠症候群研究会(OACIS)レジストリーを構築し、様々なエビデンスを産み出してきました。そして、このOACISレジストリーの精神、ノウハウを発展させたOCVCを2014年に立上げ、参加施設共通のデータ収集システムの整備、大阪大学の持つ様々なリソースの活用、予後情報への行政データの活用などにより多施設共同研究のインフラを整えてきました。それを活用し、日々循環器診療の最前線で活躍されている連携医療機関の先生方とより密接な研究協力関係を築くことによって、質の高いエビデンスを産み出したいと考えています。

 また、人材育成も重視しており、所属大学院生には、研究デザインや臨床試験の運営、大規模データの解析に関して、大阪大学の未来医療開発部、医療情報部、疫学、生物統計の専門家との連携で系統立った講習、指導を受け、臨床研究の専門家としてのスキルを身につけてもらうことを目指しています。

研究目的および内容

研究目的

 日々の患者さんの診療で感じるクリニカルクエスチョンを、多施設による大規模な臨床研究で解明するとともにエビデンスとして明文化し、世界に向けて発出することを目指しています。

研究内容

 大阪大学医学部附属病院のみならず大阪圏の循環器疾患の専門診療をおこなう主要な医療機関と大阪循環器カンファレンス(Osaka Cardio Vascular Conference: OCVC) というチームを作り、不整脈疾患、心不全、虚血性心疾患など、様々な循環器疾患に関して、研究を進めています。解明すべきテーマや研究内容を合議で決定し、研究計画から実施、解析までの全てを我々が事務局として取り組んでいます。
 研究の計画や実施に関しては、各種法令や指針を順守することは当然のことながら、少しでも質の高いエビデンスを創出するために適切な研究デザインや解析方法を選択して研究を実施します。また、行政データを利用した100%の追跡率を達成するための観察研究の予後調査方法論の確立や、行政データの臨床研究への活用、阪大病院医療情報部との連携による電子カルテシステムを活用した新たな臨床研究データ収集システムも構築しており、臨床研究の新しい形の創出を目指しています。
 OCVCの高い症例集積性を活かし、高いレベルのエビデンスを導き出せる大規模データを創っていきます。
 2015年1月から関連施設の先生方と検討を進め、現在までに以下の臨床研究を実施しています。

研究テーマ

心不全

  • 「PURSUIT-HFpEF研究:左室収縮能が保たれた心不全の予後に関する多施設共同前向き観察研究」:現在進行中
  • 「MONACO試験:右心機能障害を合併した左室駆出率の保たれた心不全症例に対する ピモベンダンの運動耐容能にもたらす効果に関する研究 -多施設前向き二重盲検プラセボコントロール無作為化比較介入研究-」:現在進行中

心不全に関しては、左室駆出率の保たれた心不全(HFpEF)患者のレジストリー研究(PURSUIT-HFpEF研究)を進めており、わが国最大規模のコホートに育ちました。現在は症例登録が完了しており、予後追跡調査が継続されています。非常に多くのデータ項目を有するデータベースの解析により、複雑なHFpEFの病態解明、機械学習を用いたリスク層別化、新規治療ターゲットの同定を進めています。また、血清やゲノムなどの生体試料の収集も進めており、遺伝的背景と予後との関係の解析や、病態を反映する新たなバイオマーカーの検討や予後予測法の開発を、グローバル企業との共同研究で進めています。また、このPURSUIT-HFpEF研究から得られた治験をもとに、右心機能障害を合併したHFpEFに対する新しい治療法を確立するためにMONACO試験が2022年4月に始まりました。この試験は医師主導型で、我々のグループ初の多施設前向き無作為化二重盲検プラセボコントロール試験となり、非常に質の高いエビデンスの創出が期待されます。

虚血性心疾患・構造的心疾患

  • 「OPTIMA-AF trial:非弁膜症性心房細動を合併する冠動脈インターベンション施行患者の経口抗凝固薬と抗血小板薬の至適併用療法: 多施設、前向き、無作為化比較試験」
    現在進行中
  • 「Long ST registry:ステント血栓症発症後の長期予後に関する検討」
    主解析結果は公開(Journal of the American Heart Association 2022)サブ解析が進行中
  • 「OCVC-BIF trial:分岐部病変における側枝への薬剤溶出性バルーンの有効性と安全性の検討」
    現在進行中
  • 「EXPLORE-ACS registry・EXPLORE-ICM registry」
    現在準備中
  • 「OACIS registry:大阪急性冠症候群研究会研究」
    フォローアップ完了 サブ解析が進行中

当グループの基礎となったOACIS研究の12000例以上の急性心筋梗塞症例データベースを有し、引き続き解析を進めています。また、心房細動を合併する冠動脈疾患患者に対するPCI後の抗血栓療法の最適化を検討する1000例規模の全国多施設前向きRCT(OPTIMA-AF試験)や、分岐部病変に対するdrug-coated balloonの有効性と安全性を検討するRCT(OCVC-BIF研究)、ステント血栓症のレジストリー研究 (LONG ST registry)など、様々な研究を進めています。また、長期的展望をもった新たなレジストリー研究の計画が進行中です。

不整脈・心臓電気生理学

  • 「SUPPRESS-AF試験:持続性心房細動症例に対する低電位領域アブレーションが心房細動再発に及ぼす影響に関する研究-多施設共同前向き無作為割り付け試験-」
    現在進行中
  • 「EARNEST-PVI試験:持続性心房細動症例に対して追加通電の有無が心房細動再発に及ぼす影響に関する研究-多施設共同前向き無作為割り付け非劣性試験-」
    ESC2019 late breaking clinical trialで主解析の結果を公表済み サブ解析が進行中
  • 「経食道心臓超音波検査で左心房内血栓を認めた心房細動患者の予後に関する後ろ向き研究」
    現在進行中
  • 「モニタリングデバイスを用いた不整脈薬物治療の最適化の検討」
    現在準備中

重要なテーマである持続性心房細動に対するカテーテルアブレーションのストラテジーを検討しており、前向き介入研究での仮説の検証を進めています(EARNEST-PVI研究、SUPPRESS-AF研究)。また、経食道心エコーで偶発的に見つかった左房内血栓の予後や治療法を検討するレジストリー研究も進めています。さらに、モニタリングデバイスを用いて薬物治療を最適化する新たな時代へ向けた治療法の確立を目指す、新規の臨床試験を現在計画・準備中です。

臨床試験のデザイン、運営、データ解析、論文化を系統的に学びたい先生、臨床に近いことをやりたい先生、臨床に還元できる成果を得たい先生、興味のある方の参加をお待ちしています。

研究室メンバー

  • 彦惣俊吾
  • 中谷大作
  • 岡田佳築
  • 土肥智晴
  • 外海洋平
  • 須永晃弘
  • 木田博太
  • Oeun Bolrathanak
  • 佐藤泰貴
  • 松岡勇樹
  • 【共同研究者】
  • 北村哲久(大阪大学環境医学講座)
  • 松村泰志・武田理宏(大阪大学医療情報学)
  • 山田知美・倉上弘幸(大阪大学未来医療開発部データセンター)
  • 小向翔(大阪大学情報統合医学講座医学統計学)
  • 【秘書】
  • 光岡寿賀子

最近の研究業績

(1-43)

  1. Hoshida S, Watanabe T, Shinoda Y et al. Sex-related differences in left ventricular diastolic function and arterial elastance during admission in patients with heart failure with preserved ejection fraction: The PURSUIT HFpEF study. Clin Cardiol 2018;41:1529-1536.
  2. Dohi T, Nakatani D, Inoue K et al. Effect of Extensive Ablation on Recurrence in Patients with Persistent Atrial Fibrillation Treated with Pulmonary Vein Isolation (EARNEST-PVI) trial: Design and rationale. J Cardiol 2019;74:164-168.
  3. Hoshida S, Hikoso S, Shinoda Y et al. Diastolic index as a short-term prognostic factor in heart failure with preserved ejection fraction. Open Heart 2020;7.
  4. Hoshida S, Watanabe T, Shinoda Y et al. Considerable scatter in the relationship between left atrial volume and pressure in heart failure with preserved left ventricular ejection fraction. Sci Rep 2020;10:90.
  5. Kojima T, Hikoso S, Nakatani D et al. Impact of Hyperglycemia on Long-Term Outcome in Patients With ST-Segment Elevation Myocardial Infarction. Am J Cardiol 2020;125:851-859.
  6. Nakagawa A, Yasumura Y, Yoshida C et al. Prognostic Importance of Right Ventricular-Vascular Uncoupling in Acute Decompensated Heart Failure With Preserved Ejection Fraction. Circ Cardiovasc Imaging 2020;13:e011430.
  7. Oeun B, Nakatani D, Hikoso S et al. Factors Associated With Elevated N-Terminal Pro B-Type Natriuretic Peptide Concentrations at the Convalescent Stage and 1-Year Outcomes in Patients With Heart Failure With Preserved Ejection Fraction. Circ Rep 2020;2:400-408.
  8. Seo M, Yamada T, Tamaki S et al. Prognostic Significance of Serum Cholinesterase Level in Patients With Acute Decompensated Heart Failure With Preserved Ejection Fraction: Insights From the PURSUIT-HFpEF Registry. J Am Heart Assoc 2020;9:e014100.
  9. Shutta R, Nakatani D, Sakata Y et al. Hydrophilic vs. Lipophilic Statins in Diabetic Patients - Comparison of Long-Term Outcomes After Acute Myocardial Infarction. Circ Rep 2020;2:280-287.
  10. Suna S, Hikoso S, Yamada T et al. Study protocol for the PURSUIT-HFpEF study: a Prospective, Multicenter, Observational Study of Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction. BMJ Open 2020;10:e038294.
  11. Sunaga A, Hikoso S, Nakatani D et al. Comparison of Long-Term Outcomes Between Combination Antiplatelet and Anticoagulant Therapy and Anticoagulant Monotherapy in Patients With Atrial Fibrillation and Left Atrial Thrombi. Circ Rep 2020;2:457-465.
  12. Hoshida S, Shinoda Y, Tachibana K et al. Impact of Afterload-Integrated Diastolic Indexon Prognosis in Elderly Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction with and without Atrial Fibrillation. J Atr Fibrillation 2021;13:2469.
  13. Hoshida S, Tachibana K, Shinoda Y et al. Left atrial pressure overload and prognosis in elderly patients with heart failure and preserved ejection fraction: a prospective multicenter observational study. BMJ Open 2021;11:e044605.
  14. Inoue K, Hikoso S, Masuda M et al. Pulmonary vein isolation alone vs. more extensive ablation with defragmentation and linear ablation of persistent atrial fibrillation: the EARNEST-PVI trial. Europace 2021;23:565-574.
  15. Inoue K, Sotomi Y, Masuda M et al. Efficacy of Extensive Ablation for Persistent Atrial Fibrillation With Trigger-Based vs. Substrate-Based Mechanisms - A Prespecified Subanalysis of the EARNEST-PVI Trial. Circ J 2021;85:1897-1905.
  16. Iwakura K, Onishi T, Okamura A et al. Tissue Mitral Annular Displacement in Patients With Myocardial Infarction - Comparison With Global Longitudinal Strain. Circ Rep 2021;3:530-539.
  17. Kawai T, Nakatani D, Yamada T et al. Clinical impact of estimated plasma volume status and its additive effect with the GRACE risk score on in-hospital and long-term mortality for acute myocardial infarction. Int J Cardiol Heart Vasc 2021;33:100748.
  18. Matsuhiro Y, Nishino M, Ukita K et al. Alternative Echocardiographic Algorithm for Left Ventricular Filling Pressure in Patients With Heart Failure With Preserved Ejection Fraction. Am J Cardiol 2021;143:80-88.
  19. Matsuhiro Y, Nishino M, Ukita K et al. Underweight Is Associated with Poor Prognosis in Heart Failure with Preserved Ejection Fraction. Int Heart J 2021;62:1042-1051.
  20. Nakagawa A, Yasumura Y, Yoshida C et al. Prognostic Importance of Pulmonary Arterial Capacitance in Acute Decompensated Heart Failure With Preserved Ejection Fraction. J Am Heart Assoc 2021;10:e023043.
  21. Nakagawa A, Yasumura Y, Yoshida C et al. Prognostic relevance of elevated plasma osmolality on admission in acute decompensated heart failure with preserved ejection fraction: insights from PURSUIT-HFpEF registry. BMC Cardiovasc Disord 2021;21:281.
  22. Nakagawa A, Yasumura Y, Yoshida C et al. Distinctive prognostic factor of heart failure with preserved ejection fraction stratified with admission blood pressure. ESC Heart Fail 2021;8:3145-3155.
  23. Nishino M, Yano M, Ukita K et al. Impact of readmissions on octogenarians with heart failure with preserved ejection fraction: PURSUIT-HFpEF registry. ESC Heart Fail 2021;8:2120-2132.
  24. Oeun B, Hikoso S, Nakatani D et al. Prognostic significance of dipstick proteinuria in heart failure with preserved ejection fraction: insight from the PURSUIT-HFpEF registry. BMJ Open 2021;11:e049371.
  25. Oeun B, Hikoso S, Nakatani D et al. Prognostic Impact of Echocardiographic Diastolic Dysfunction on Outcomes in Patients With Heart Failure With Preserved Ejection Fraction - Insights From the PURSUIT-HFpEF Registry. Circ J 2021;86:23-33.
  26. Sato T, Sotomi Y, Hikoso S et al. Sex Differences in the Efficacy of Pulmonary Vein Isolation Alone vs. Extensive Catheter Ablation in Patients With Persistent Atrial Fibrillation. Circ J 2021.
  27. Sotomi Y, Hikoso S, Nakatani D et al. Practical Assessment of the Tradeoff between Fatal Bleeding and Coronary Thrombotic Risks using the Academic Research Consortium for High Bleeding Risk Criteria. J Atheroscler Thromb 2021.
  28. Sotomi Y, Hikoso S, Nakatani D et al. Sex Differences in Heart Failure With Preserved Ejection Fraction. J Am Heart Assoc 2021;10:e018574.
  29. Sotomi Y, Hikoso S, Nakatani D et al. Prevalence of the Japanese high bleeding risk criteria and its prognostic significance for fatal bleeding in patients with acute myocardial infarction. Heart Vessels 2021;36:1484-1495.
  30. Sotomi Y, Iwakura K, Hikoso S et al. Prognostic significance of the HFA-PEFF score in patients with heart failure with preserved ejection fraction. ESC Heart Fail 2021;8:2154-2164.
  31. Sotomi Y, Kozuma K, Kashiwabara K et al. Randomised controlled trial to investigate optimal antithrombotic therapy in patients with non-valvular atrial fibrillation undergoing percutaneous coronary intervention: a study protocol of the OPTIMA-AF trial. BMJ Open 2021;11:e048354.
  32. Sotomi Y, Ueda Y, Hikoso S et al. Manual Thrombus Aspiration and its Procedural Stroke Risk in Myocardial Infarction. J Am Heart Assoc 2021;10:e022258.
  33. Sunaga A, Hikoso S, Yamada T et al. Prognostic impact of Clinical Frailty Scale in patients with heart failure with preserved ejection fraction. ESC Heart Fail 2021;8:3316-3326.
  34. Sunaga A, Masuda M, Inoue K et al. The efficacy and safety of left atrial low-voltage area guided ablation for recurrence prevention compared to pulmonary vein isolation alone in patients with persistent atrial fibrillation trial: Design and rationale. Clin Cardiol 2021;44:1249-1255.
  35. Takeuchi T, Hikoso S, Hattori S et al. The Effect of a Cancer History on Patients with Acute Myocardial Infarction After Percutaneous Coronary Intervention. Int Heart J 2021;62:238-245.
  36. Yano M, Nishino M, Ukita K et al. Impact of admission hyperglycaemia on clinical outcomes in non-diabetic heart failure with preserved ejection fraction. ESC Heart Fail 2021;8:3822-3834.
  37. Yano M, Nishino M, Ukita K et al. High density lipoprotein cholesterol / C reactive protein ratio in heart failure with preserved ejection fraction. ESC Heart Fail 2021;8:2791-2801.
  38. Ishihara T, Okada K, Kida H et al. Long-Term Outcomes and Clinical Predictors of Mortality Following Occurrence of Stent Thrombosis. J Am Heart Assoc 2022;11:e023276.
  39. Kida H, Sotomi Y, Hikoso S et al. Prognostic significance of intra-aortic balloon pumping support in patients with acute myocardial infarction and veno-arterial extracorporeal membrane oxygenation therapy. J Cardiol 2022;79:179-185.
  40. Ogushi A, Hikoso S, Kitamura T et al. Factors Associated With Prehospital Delay Among Patients With Acute Myocardial Infarction in the Era of Percutaneous Coronary Intervention - Insights From the OACIS Registry. Circ J 2022;86:600-608.
  41. Seo M, Watanabe T, Yamada T et al. Prognostic significance of serum chloride level in heart failure patients with preserved ejection fraction. ESC Heart Fail 2022;9:1444-1453.
  42. Sotomi Y, Hikoso S, Komukai S et al. Phenotyping of acute decompensated heart failure with preserved ejection fraction. Heart 2022.
  43. Sunaga A, Hikoso S, Yamada T et al. Abdominal obesity, and not general obesity, is associated with a lower 123I MIBG heart-to-mediastinum ratio in heart failure patients with preserved ejection fraction. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2022;49:609-618.

PageTop