拡張型心筋症における ゲノム編集治療

医療応用をめざすゲノム編集 最新動向から技術・倫理的課題まで 化学同人 2018年6月

 

 CRISPR/Cas9ゲノム編集技術は、その発見以
降爆発的な研究開発が進み、様々な疾患分野への
医療応用が期待されています。本書は、ゲノム編
集とその医療応用における最新の開発動向、課題、
未来展望についてまとめたられたものです。

 ゲノム解析技術の進歩により、重症心不全の原
因の多くを占める拡張型心筋症において、ゲノム
遺伝子変異が発症に関与することが明らかとなっ
てきています。本書において、心臓疾患に対する
ゲノム編集介入の現状と、心筋細胞におけるゲノ
ム修復の試み、そして終末分化した分裂しない
心筋細胞からなる心臓に対して、治療応用を現実
的に進める上での多くの課題と展望について概説
し、難治性疾患克服のための我々の取り組みを
紹介しています。

PageTop