臨床部門

【特色と方針】

病棟診療は心不全、血管治療、不整脈という専門性を保持しながら、3つの分野が1つのチームとして診療をする体制を取っています。心不全においては、的確な診断と治療という基本診療の徹底とともに、心臓移植・補助人工心臓という大学病院の特色を生かした高度医療からそれら医療の恩恵を受けられない患者さんに対しての緩和ケア医療まで多面的な診療を推進しています。血管治療の面では、CTOなどの複雑冠動脈病変症例を中心としたPCIと並んで大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療、CTEPHに対するカテーテル肺動脈治療などstructural heart diseaseにも積極的に取り組んでおります。また、不整脈分野では、低心機能症例の心室頻拍に対するアブレーションやレーザーシースによるリード抜去、皮下型除細動器植え込みなど複雑症例に対する治療・新技術の導入を積極的に行っております。いずれの分野においても診療の普遍化・普及化を目指し、世界各国からの研修生を受け入れています。

外来診療は初診外来を毎午前、各専門外来(虚血、不整脈、心不全、弁膜症、肺高血圧、循環器脂質、SHD)を毎午後に設けています。近隣医療機関との連携を深めるため24時間地域医療機関医師より循環器専門医に直接つながる窓口を開設しております。さらに、治療に難渋し外来受診ができない全国各所の入院症例に対しては、依頼を受けて往診に伺った上で、治療や転院について相談させていただいております。

また、日々の診療の充実のみならず、各種治験や多施設共同臨床情報解析研究として単施設では十分な検討が困難なクリニカルクエスチョンを関連施設と共有し、データを収集して解明していく試みを行っております(PERSUTE-HFpEF、EARNEST-PVI)。

診療科長:坂田 泰史
診療副科長:彦惣 俊吾
診療局長:大谷 朋仁
外来医長:朝野 仁裕
病棟医長:溝手 勇 

【入院実績】

東9階病棟50床: HCU6床、重症個室3床、一等個室5床、一般病床36床

2017年(1月-12月)
 入院患者総数(新規):1230人
 内 緊急入院 104人、転院 50人

【病棟カンファレンス】

 
重症症例カンファ 重症症例カンファ 重症症例カンファ 重症症例カンファ 重症症例カンファ
ハートセンター
内科外科合同教授回診
    教授回診  
内科外科合同弁膜症カンファ
内科外科合同TAVIカンファ
多職種合同カルテ回診
心臓移植・補助人工心臓適応検討委員会
(第1週目)
カテ検討カンファ
循環器内科抄読会
内科外科合同心不全
カンファ
病理カンファ
(不定期)
 

【病棟体制(2018年度)】

【教授回診】

教授回診                         合同教授回診

研修医、クリクラ学生の疾患の理解を深めてもらう      内科・外科の教授が合同で重症心不全症例の回診を
ポイントを直接指導します。                行い、内科的側面と外科的側面から同時に検討します。

PageTop