重症心不全・移植専攻医育成プログラム

重症心不全・移植専攻医育成プログラム概要

高度の収縮能低下を伴い補助人工心臓や心移植を必要とする重症心不全の診療には、初期・後期研修で培われた臨床基盤に加え、さらに高度な知識・技術が求められます。臨床力、探究心を更に高めることを目標に、大阪大学循環器内科は重症心不全治療医養成コースを開始します。本コースでは、診断・治療手技の習得や病態生理をより深く理解することは勿論、心臓病の基本的な分子生物学的背景を学び、基礎研究面のとりくみや世界の趨勢を知るための講義も用意しており、臨床における探究心を高め、ひいてはそれが臨床力につながることを目指します。更に、終末期心不全の管理・緩和治療を学び、患者サイドから治療を考える倫理観を習得することも目標とします。文科省管轄病院であることを活かし、1年コースを終了すると大阪大学総長名で修了書を授与いたします。なお、希望があれば当院で行っている経カテーテル的大動脈弁置換術や心室頻拍アブレーション、慢性閉塞病変に対するPCI等も、総合的に見ることができます。

重症心不全・移植専攻医育成プログラム詳細

重症心不全・移植専攻医育成プログラム

重症心不全・移植専攻医育成プログラム卒業生

第1期卒業生

第2期卒業生

第3期卒業生

担当者連絡先

彦惣 俊吾
Mail: hikoso@cardiology.med.osaka-u.ac.jp

PageTop