循環器内科シラバス

循環器内科シラバス概要

循環器病学臨床講義は、循環器疾患の診断、治療を行う上で必要な知識の習得を目的とします。循環器全般に関する総合的な知識だけでなく、心不全、冠動脈疾患、不整脈、小児循環器疾患、循環器疾患外科治療等多岐にわたる各論について、概説します。また、新たな治療手技、循環器疾患に関する基礎的研究から臨床応用まで、最新の知見を交えての講義を行います。

講義項目 講義タイトル
循環器病学総論・診断・治療学 循環器内科学の現状と未来
心臓の解剖と心力学
心機能評価法および心エコー法
臨床薬理学
循環器内科研究の将来への展望
弁膜症・心筋症・炎症性疾患 循環器における炎症性疾患(大動脈炎、心外膜炎・心内膜炎)
心筋症・心筋炎
心臓弁膜症
虚血性心疾患 循環器領域における画像診断法 -冠動脈評価を中心に-
カテーテルインターベンション治療(1):目的・適応・方法
カテーテルインターベンション治療(2):治療デバイスの進化を中心に
狭心症と末梢血管疾患
急性冠症候群
心不全 急性心不全(病態・診断)
急性心不全(治療)
慢性心不全(病態・診断)
慢性心不全(治療)
基礎・臨床研究 循環器疾患のトランスレーショナルリサーチ
遺伝性心血管疾患
心血管再生治療
動脈硬化・肺循環 動脈硬化の成因と治療(大動脈疾患を含む)
肺高血圧症
不整脈 心電図の読み方
不整脈(1)徐脈性不整脈・心房細動の診断と治療
不整脈(2):頻脈性不整脈の診断と治療
不整脈(3):頻脈性不整脈の非薬物治療など

循環器内科学の現状と未来

循環器病診療に必要な知識は、病態の解明における進歩と先端的科学技術の発展に伴い日々増加している。循環器疾患発症メカニズムに対する基本的な理解の上に、現在利用可能な最新の診断技術や治療手技への理解を深めるとともに、未だ解決に至らない疾患に対して今後どのような診療を行っていけばよいか、現在の循環器内科診療における問題点とともに、未来医療の可能性について概説したい。

心臓の解剖と心力学

循環器疾患に精通するスタートは、心臓を構成する各パートの役割を理解することにある。本講義では、各パートの解剖学的位置関係のみならず、各パートの持つ動的な機能への理解を深めたい。特に、心疾患では左心室の機能障害が病態を決める重要な役割を担うことから、左心室の機能を中心に概説する。

心機能評価法および心エコー法

心臓は収縮と弛緩を繰り返し行うことにより全身の臓器に血液を送っている。本講義では心臓の機能(収縮機能と拡張機能)の評価法とその問題点について概説する。また、循環器疾患の診断に必要な画像診断法(超音波心臓診断)の特徴とその有用性、問題点について実際の画像を供覧することにより理解を深めたい。

臨床薬理学

臨床薬理学は、薬物の人体における作用と動態を研究し、合理的薬物治療を確立するための科学である。また、合理的薬物治療とは、副作用の出現しない有効量のクスリを、そのクスリの有効なヒトに投与することを意味する。このような立場から、本講義では、循環器領域で使用される主だった薬物の特徴を解説する。将来、薬物適正使用を実践する上で必要な基礎知識を修得していただきたいと考えている。

循環器内科研究の将来への展望

近年、循環器領域における治療成績の向上には目を見張るものがあるが、その背景にはこれまで何十年以上にもわたる多くの研究成果の蓄積がある。今後さらに循環器医学を発展させ、人類に貢献するには我々は何を目指し、何を研究するかが大きな課題である。本講義では最新の知見を踏まえ、循環器内科研究の将来への展望を語る。

循環器における炎症性疾患(大動脈炎、心外膜炎・心内膜炎)

循環器における炎症性疾患は初期診断において見落とされる場合が多く、十分な理解が必要である。また、近年新たな治療方法が試みられており、最新の知見についても概説する。

心筋症・心筋炎

心筋症とは心筋の機能異常を伴う心筋疾患の総称であり、拡張型心筋症と肥大型心筋症を中心に、その病態と治療について概説する。拡張型心筋症については原因が不明なものもあるが、遺伝子異常あるいはウイルス感染から拡張型あるいは肥大型といった病型発症にいたる過程を、心筋細胞の分子機構を知ることにより理解を深めたい。また心筋炎には軽症のものから生命の危険に至るものまで多岐にわたる。本講義では病因や病態生理の理解を通じて診断・治療を考えたい。

心臓弁膜症

心臓の弁膜の異常として狭窄および閉鎖不全があり、僧帽弁、大動脈弁、三尖弁および肺動脈弁に発症し、その組み合わせにより種々の病態をきたす。感染性心内膜炎は既存の心内膜病変に宿主要因が加わることにより発症し、菌血症をきたす。本講義では、弁膜症の病態生理と感染性心内膜炎の原因、治療について概説する。

循環器領域における画像診断法 -冠動脈評価を中心に-

近年、画像診断法の進歩が著しく,診断学上必須の手段となっているが,循環器分野においても画像診断が極めて重要な役割を果たしている。特に冠動脈に対する画像診断は近年大きな進歩を遂げ、その進歩が診断・治療に応用されている。そこで本講義では冠動脈画像診断の変遷、現在のcutting edgeを中心に画像診断で得られた情報をいかに診断・治療に活用するかについて症例を提示しつつ説明する。また循環器疾患の診断に必要な画像診断法(超音波心臓診断、核医学、CT、MRI、MRAなど)の特徴とその有用性、問題点について実際の画像を供覧することにより理解を深めたい。

カテーテルインターベンション治療(1):目的・適応・方法

冠動脈に対するカテーテルインターベンション治療はバイパス手術に対して低侵襲・迅速であり、薬物療法に対して根治的であるという優位性を持つ。一方、根本的には侵襲的治療でありリスクを含んだ治療という点を基本に本治療法の目的・適応・方法について説明を行う。

カテーテルインターベンション治療(2):治療デバイスの進化を中心に

虚血性心疾患治療の歴史は、カテーテルインターベンションの出現により大きく変わった。1977年に始まったこの治療は、現在、ゴールデンスタンダードの治療と位置づけられるにまで至った。治療デバイスの開発の歴史を紐解き、現状、そして、将来への展望を、シリコンバレーでの経験を含め、概説する。

狭心症と末梢血管疾患

近年、我が国において動脈硬化性疾患が増加し、さらに将来に向けて急増する懸念がある。従って、循環器領域だけではなく、広く診療に携わる医師は、冠動脈疾患と末梢血管疾患、およびそれを来す危険因子の存在をつねに念頭において置くことが重要である。本講義では、狭心症を中心とした冠動脈脈疾患、および末梢動脈疾患の病態について解説するとともに、これら動脈硬化性疾患のリスクファクターに関する最近の内外の動向と新しく注目されている因子につき解説する。

急性冠症候群

急性冠症候群は冠動脈プラークの破綻,血栓形成を基盤として急性心筋虚血を呈する臨床症候群であり,急性心筋梗塞,不安定狭心症から心臓急死までを包括する疾患概念である。従来個別に考えられていたこれらの疾患群が急性冠症候群として包括されるようになった背景には,いずれも冠動脈内のunstable plaque(不安定粥腫)の存在とplaque rupture(粥腫破綻)から血栓形成に至る一連の病態がみられ,その治療や予防にも共通項があるとの認識によるものである。

急性心不全(病態・診断)

近年、<急性冠症候群>に引き続き<急性心不全症候群>なる概念が欧米を中心に提唱され、急性心不全が再び脚光を浴びている。急性心不全の基礎疾患としては慢性心不全の急性増悪も含めて虚血性心疾患や弁膜症、心筋症、心筋炎などが代表的であるが、これらの病態は互いに複雑に影響しあうことも多く、適切な治療を行うにはその病態について注意深い観察が必要である。本講義では心不全の病態と診断について最近の知見も含めて概説する。

急性心不全(治療)

急性心不全治療の現場では、従来のオーソドックスな治療に加えて新薬などを用いた新しい治療が行われているがその効果は病態により様々であり、特にエビデンスが十分ではない領域に関しては治療において注意深い観察と考察が必要である。本講義では先の<急性心不全(病態・診断)>の講義と連動させつつ、最新の知見を交えて急性心不全治療における考え方と実際について概説する予定である。

慢性心不全(病態・診断)

慢性心不全とは狭義の意味からは,“慢性の心筋障害により心臓のポンプ機能が低下し,末梢主要臓器の酸素需要量に見合うだけの血液量を絶対的にまた相対的に拍出できない状態であり,肺または体静脈系にうっ血をきたし生活機能に障害を生じた病態”と言える。心不全の診断には、詳細な問診・他覚的所見の把握,胸部レントゲン写真,心電図,生化学的検査などによる侵襲度の低い検査による基礎疾患の検索と心原性以外の疾患の除外,必要に応じた特殊検査の施行の必要である。本講義では、心不全診断のためのアプローチ法について述べる。

慢性心不全(治療)

慢性心不全に対しては、生活指導、基礎疾患に対する治療や心不全増悪因子の除去が重要性を述べる。また、これらに加えて、心不全のステージに応じた薬物療法ならびに最近進歩が著しい非薬物療法について述べる。

循環器疾患のトランスレーショナルリサーチ

トランスレーショナルリサーチ(TR)とは、心臓血管病のメカニズムに関する基礎的な知見を新しい診断・治療法へと開発していく一連の研究過程を意味する。本講義では、TR実践の楽しさや問題点などを概説する。

遺伝性心血管疾患

本講義では心筋症、QT延長症候群、家族性高コレステロール血症など遺伝性心血管疾患に焦点を当て講義を行う。

心血管再生治療

再生医療は、人工多能性幹細胞や胚性幹細胞などの幹細胞などを用いて、損傷を受けた生体機能を復元させる医療である。循環器領域での再生医療には、血管再生と心筋再生の二つの異なる治療法が存在する。本講義では、再生医療に向けての基礎的検討ならびに臨床応用の実状について述べる。

動脈硬化の成因と治療(大動脈疾患を含む)

粥状動脈硬化は狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの発症基盤となり、その成因も細胞生物学的レベル、分子レベルで明らかになってきた。動脈硬化巣(プラーク)には血清リポ蛋白由来の脂質を蓄積したマクロファージ由来の泡沫細胞が集積するとともに、リンパ球、好中球なども存在し、動脈硬化は一種の炎症であるという概念が提唱されている。本講義では動脈硬化の成因について血管生物学の観点から解説する。    動脈硬化の存在を画像診断するにはMRI、MRアンギオ、超音波検査などの非観血的検査から、冠動脈造影、IVUS、血管内視鏡などの観血的検査がある。粥状動脈硬化の予防と治療に関して、食事・運動療法を含む生活習慣の改善や、各危険因子の個別な治療が重要になる。最近、各危険因子の治療的介入によって、動脈硬化の発症・進展が抑制されたという成績が沢山出てきており、本講義では動脈硬化の画像診断や治療法に関する最近の知見を紹介したい。

肺高血圧症

肺の動脈圧が上昇し右心不全をきたす疾患の総称であり、肺動脈そのものに原因があるだけでなく、左心系病変や肺疾患、血栓塞栓症などのさまざまな原因で発症する。本講義では、主に肺動脈性肺高血圧症について、その診断、病態、治療について概説する。かつては肺移植しか有効な治療法がない難病であったが、近年その病態が明らかになり次々に有効な治療薬が開発されている。

心電図の読み方

心電図は心臓疾患診断の有力な方法である。実地に役立つ重要な情報を心電図から読み取るために必要な生理学的知識や不整脈診断の基礎に付いて解説する。

不整脈(1)徐脈性不整脈・心房細動の診断と治療

本講では、洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈の診断法とペースメーカ治療の適応、今後の循環器領域で大きな問題となる心房細動などについて解説する。

不整脈(2):頻脈性不整脈の診断と治療

本講では、上室性頻拍、心室性頻拍といった頻脈性不整脈の診断法と薬物治療の考え方(必要性、方法)などを中心に解説する。

不整脈(3):頻脈性不整脈の非薬物治療など

多くの頻脈性不整脈で第一選択の治療法の一つとなっているカテーテルアブレーションと心臓突然死予防や心不全治療に高い効果を発揮する体内植え込みデバイスについて解説する。

PageTop