重症心不全内科治療学グループ

グループ概要

重症心不全内科治療学研究グループは、2015年1月に循環器内科の研究グループとして新たに立ち上がりました。大阪大学医学部附属病院循環器内科では、心臓移植適応となる重症心不全症例を全国から受け入れ、その診療にあたっています。難治性心筋症は、このような重症心不全の原因の多くを占めますが、未だ有効な治療法が存在しません。特に、重症心不全に移行した拡張型心筋症をはじめとする難治性心筋症の予後は依然極めて不良です。

従来の内科的治療は、すべてダウンストリームである心筋症病態の進行をターゲットとしたものでした。一方で、近年の高速シークエンス技術の進歩により、心筋症におけるゲノム、トランスクリプトームといったオミクス解析を経て、難治性心筋症の最もアップストリームに存在する分子メカニズムが徐々に明らかとなっています。

私たちは病態モデル動物や培養細胞を用い、高速シークエンサーによる独自のオミクス解析系の構築、遺伝子改変動物を用いた病態モデルの解析、最新のiPS細胞技術・ゲノム編集技術の循環器疾患研究への導入を行っており、これら分子生物学的技術を、循環器難治性疾患の治療へ応用することを目指します。臨床情報・生体試料、及び先端基盤技術の双方向性のベクトルの融合から循環器内科が直面する難治性疾患を克服することが私たちの目標です。

研究目的および内容

研究目的

多施設共同臨床情報解析、臨床情報・生体試料から始まる方向性、最新の分子生物学基盤技術から始まる方向性の双方向性のベクトルの融合から、循環器疾患に対する新たな診断法・治療法の創出を目指します。

研究内容

  • ゲノム編集技術の循環器疾患の病態解明、治療法開発への応用
  • 疾患iPS細胞を用いた病態解明、新規治療法開発(拡張型心筋症、拡張相肥大型心筋症、不整脈源性心筋症など)
  • 独自の高速シーケンサー解析技術、ゲノム改変技術を用いた様々な循環器疾患の疾患遺伝子同定とそれに対する治療介入

最新トピック

 ESC2018シンポジウムにて研究報告を行いました!

 第221回日本内科学会近畿地方会医学生セッションで発表しました!

 第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム(BCVR)ポスターセッションで
 Best Poster Awardを受賞しました!

メンバー紹介

彦惣俊吾(准教授)
肥後修一朗
(寄附講座准教授)
肥後友彰(留学中)
増村雄喜(特任研究員)
柴本将人(大学院生)
小濱康明(大学院生)
志波幹夫(大学院生)
近藤匠巳(大学院生)
亀田聡士(大学院生)
國松鈴花(大学院生
修士 保健学科)
中村聡希(学部学生)
守安愛紗(技術補佐員)
光岡寿賀子(秘書)
【共同研究者】
内藤篤彦(東邦大学)

主要論文

PageTop