成人先天性心疾患(ACHD)部門

取り扱い疾患

先天性心疾患全般
 (15歳以上の心房中隔欠損、心室中隔欠損、大血管転位、ファロー四徴症、単心室など)

特色

・100人の出生に1人、先天性心疾患を有すると言われていますが、近年外科治療の進歩により、その多くが成人に到達します。この成人先天性心疾患(Adult Congenital Heart Disease;ACHD)の患者さんの中には継続的な治療や経過観察を必要とする方も少なくありません。従来はこういった成人症例も小児科やこども病院でフォローされていましたが、患者数の増加や入院病床(成人の患者さんが小児科病棟に入院できない)などの問題などの問題から、内科を中心とした診療への移行が重要となってきています。
・大阪大学循環器内科では2014年より成人先天性心疾患の専門外来(ACHD外来)を開始して、当院小児科や大阪母子医療センターなど小児施設からの移行を積極的に行い、単純心奇形(心房中隔欠損など)から単心室などの複雑心奇形まで、あらゆる成人先天性心疾患の診療にあたっています。

診療実績

・多くは当院小児科・心臓血管外科から移行した患者さんですが、大阪母子医療センターなど他院からも紹介受診いただいております。
・外来では心エコー検査、心臓CTやMRI、心肺運動負荷試験などによる評価を行っております。

入院診療実績

・外科的手術が必要と考えられた患者さんなどの術前精密検査、心不全や不整脈の治療について入院での検査・治療を行っています。
・定期的に小児科、小児心臓血管外科医師とのチームでカンファレンスを行い、治療方針について検討を行っています。
・頻脈性・徐脈性などの不整脈に対しては、不整脈部門と連携し、カテーテルアブレーションやペースメーカ、除細動器植込み術などを行っています。
・産婦人科と連携し、心疾患合併患者さんの妊娠・出産についてサポートしています。

ACHD・移植部門主任

塚本先生2

塚本 泰正

【主な診療内容】
成人先天性心疾患(Adult Congenital Heart Disease ; ACHD)患者の診療
心臓移植後患者の診療

【略歴】
平成12年 大阪大学医学部卒
平成12年-13年 大阪大学医学部附属病院 小児科 研修医
平成13年-15年 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 小児科 研修医
平成15年-16年 大阪大学医学部附属病院 小児科 後期研修医
平成16年-20年 大阪府立急性期・総合医療センター 心臓内科 医員
平成20年-21年 大阪大学医学部附属病院 循環器内科 医員
平成25年-26年 大阪大学医学部附属病院 移植医療部 医員
平成26年 医学博士取得
平成26年 Medizinische Hochshule Hannover留学
平成26年- 大阪大学医学部附属病院 ハートセンター 特任助教

【資格】
平成26年 医学博士
日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医
日本小児科学会 小児科専門医
日本移植学会 移植認定医

【主任からのメッセージ】
ACHD部門においては元小児科医かつ現循環器内科医の知識と経験、人脈を生かし、循環器内科の各部門や心臓血管外科や小児科などの各診療科と連携をとり、患者さん一人一人の状態にあわせた診療を行っていきます。

日本の心臓移植は世界に誇れる治療成績ですが、さらなる成績向上を目指すとともに、より多くの重症心不全患者さんが移植医療の恩恵にあずかれるよう励んでいきます!

PageTop