臨床リサーチクエスチョン解明グループ

グループ概要

阪大病院循環器内科の病棟で日々の診療の中で生じる臨床に基づいた疑問点を研究テーマとして、いわゆる『クエスチョン』を解明していくことを軸に、阪大病院循環器内科病棟を中心の場として行っています。進行中の臨床研究は、阪大病院の臨床データを中心に倫理委員会で承認を得て、多くの患者様にご協力頂いております。日常診療から得られる情報以外に、研究はさまざまな角度からアプローチを行い、生体試料を用いた研究では各基礎研究グループと共に、心臓以外に関係するクエスチョンに対しては院内のさまざまな診療科と連携して共同研究も行っています。

研究目的および内容

研究目的

阪大病院の病棟や、これまでの各医師の臨床経験の中で生じたクリニカルリサーチクエスチョンを紐解くことで、実臨床へのfeed backを目指します。
現在の主テーマは、心不全、心筋疾患の“phenotyping”をしていくことです。

研究内容

  1. 全身病としての心不全
    ・血液(“硬い”赤血球)と心不全病態形成(共同研究)
    ・腸内環境と心不全病態形成(共同研究)
    ・肝うっ血と心不全治療評価
    ・尿所見からみる心不全治療評価
    ・睡眠と心不全
    ・リハビリテーションからみる骨格筋と心不全
  2. 各種モダリティを用いた心筋および心機能の評価
    ・心電図 /心エコー図と心筋viability
    ・核医学検査 / CT / MRIと心筋viability
    ・病理と心筋viability
    ・心臓カテーテル検査と重症不全心評価/移植心評価

メンバー紹介

大谷朋仁(助教)
木岡秀隆(助教)
塚本泰正
(ハートセンター助教)
大西俊成(特任助教)
中本 敬(医員)
中村憲史(医員)

谷口達典(大学院生)
Themis Katsimichas
(大学院生)
小西正三(大学院生)
千村美里(大学院生)
仙石薫子(大学院生)

主要論文

  1. Taniguchi T, et al. Impact of Body Size on Inferior Vena Cava Parameters for Estimating Right Atrial Pressure: A Need for Standardization? J Am Soc Echocardiogr. 2015 Dec;28(12):1420-7.
  2. Ichibori Y, et al. Optical coherence tomography and intravascular ultrasound evaluation of cardiac allograft vasculopathy with and without intimal neovascularization. Eur Heart J Cardiovasc Imaging. 2016 Jan;17(1):51-8. Epub 2015 May 14
  3. Taniguchi T et al. Usefulness of transient elastography for noninvasive and reliable estimation of right-sided filling pressure in heart failure. Am J Cardiol. 2014 Feb 1;113(3):552-8.
  4. Takeda Y, et al. Endovascular aortic repair increases vascular stiffness and alters cardiac structure and function. Circ J. 2014;78(2):322-8.
  5. Taniguchi T, et al. Switching from carvedilol to bisoprolol ameliorates adverse effects in heart failure patients with dizziness or hypotension. J Cardiol. 2013 Jun;61(6):417-22.
  6. Minamiguchi H, et al. Usefulness of overlapping of the E and A waves of the transmitral flow as a predictor of responders to cardiac resynchronization therapy. Am J Cardiol. 2013 Jun 1;111(11):1613-8.

PageTop