通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施をします。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありませんが、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開することが必要とされております。

このような手法を「オプトアウト」と言い、当科での一部の臨床研究をオプトアウトの手法で行っています。

ご自分の記録について当該研究で使うことを望まれない方については、その方の記録や情報を用いずに研究を実施いたしますので、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

脂質異常症を合併した一次予防患者における動脈硬化性疾患発症に関する観察研究 -Japan Atherosclerosis Society Cohort Study-

研究概要

 冠動脈疾患の既往がない脂質異常症の患者に対する治療薬剤と動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版リスク区分別脂質管理目標値達成度の現状を調査し、心血管疾患イベントの新規発症、脂質異常に対する薬剤と動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版リスク区分別脂質管理目標値における一次予防の管理区分との関係を評価するため、少なくとも5年間の追跡調査期間を通して前向きに明らかにする。

当科での研究代表者

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授:坂田 泰史

統括研究代表者

一般社団法人 日本動脈硬化学会 脂質異常症実態調査委員会
研究代表者:梅本誠治 山口大学 医学部附属病院 臨床研究センター 診療教授

研究デザイン

長期(最大5年)の生体資料を用いない前向き観察研究(治療介入無し)

(選択基準)
日本動脈硬化学会動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版に基づいて脂質異常症と
診断され、現在外来にて定期的に食事療法を含む加療を受けている患者で
・40歳以上74歳以下の外来患者
・性別を問わない
・動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版のリスク区分別脂質管理目標値における
 治療方針の原則において一時予防である患者

試験ID

UMIN 登録ID:UMIN000018747

登録症例規模および研究期間

1500例以上(当院では40例目標)
日本全国の脂質専門外来を有する医療機関100-300施設
観察期間:研究登録後すくなくとも5年
研究期間:2015年7月6日-2021年7月6日

本研究に関する代表連絡先

名前:一般社団法人 日本動脈硬化学会 脂質異常症実態調査委員会
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館 B1

TEL:03-5802-7711 FAX:03-5802-7712

e-mail:jascohort@j-athero.or.jp
http://www.j-athero.org/

月間アーカイブ
PageTop